人工授精後

人工授精(受精)を検討する前に試したい”国内未発売”最先端・高性能の排卵日検査器

人工授精後の過ごし方

人工授精後はどんな風に過ごせばいいのか気になる方は多いかと思います。いつも通りに過ごしていいのか、体に負担をかけないように安静にしていた方がいいのか、運動なんてもってのほかなのかなど、今まで普通に行ってきたもの全てが大丈夫なのか気になってしまうのは当然かと思います。

基本的に人工授精後にしてはいけないというものはありません。自転車に乗ったり、自動車に乗ったり、買い物に出かけたり、仕事をしたり、家事を行ったりと、ごくごく普通の生活を今まで通りに行っても何ら問題はありませんから、安心して今まで通りの生活を送って下さい。

ただし、激しい運動やストレスが溜まるようなこと、過度の喫煙や飲酒といったことは避けるのが正解です。飲酒や喫煙といったものは妊娠を望む女性ならば早い段階で決別していることとは思いますが、スポーツが趣味という場合は、ちょっと注意が必要かもしれません。

体を動かすことが趣味だという方の場合、それを我慢することでストレスになってしまう恐れがありますが、なるべく激しい運動は避け、気分転換程度にお散歩や軽いウォーキングくらいで我慢しておいた方が良さそうです。

人工授精後の夫婦生活はどうかというと、これも全く問題はありません。むしろご夫婦でスキンシップを行うというのはリラックス効果もあるものですから逆に良い効果を生み出すことにも繋がります。

中には妊娠する可能性が高くなるという話もあり、人工授精後の当日や翌日に夫婦生活を行うのがいいという話もあるくらいですから、それに関しても自重する必要はありませんので、安心して仲良くして下さい。

ただし、腹痛や出血などがある場合には夫婦生活は避け、なるべく安静にして過ごすようにしましょう。あまり出血が酷い場合や出血が治まらずに長引く場合には、速やかに医師に相談するようにしましょう。

他にも体を冷やし過ぎるのは良くないですから、体の冷やし過ぎには注意しましょう。これは人工授精後に限らず女性には言えることですが、冷えは血行不良を招き、むくみなどの原因にもなります。血行不良やむくみは妊娠の妨げになる可能性もありますので、そこは注意が必要と言えます。

人工授精後は、期待が高まるあまりに様々なことに制限をつけてしまいがちですし、その気持ちも分からなくはありません。しかし、制限をつければつけただけストレスにもなりますし、それが逆効果となってしまう可能性も十分にあるものです。ですから、あまり神経質にならず、無理をしないということを念頭に、極力いつも通りの生活を心掛けるようにするのが良さそうです。

HOMEへ戻る