人工授精とは?

人工授精(受精)を検討する前に試したい”国内未発売”最先端・高性能の排卵日検査器

人工授精とは?

人工授精というのを不妊治療の1つとして耳にしたことのあるという方は多いかと思います。特に不妊治療を現在受けているという方や不妊治療を受ける準備を進めているという方の場合だと、ご自分で色々調べて勉強しているという場合も多いかと思います。

しかし、それでも人工授精とはどんなもの?と思われる方もいらっしゃるかと思います。人工授精については知っておいて損はしないものですから、今すぐではなくともいつかは妊娠したいと思っている方は、知識の1つとして覚えておいてもいいかもしれません。

人工授精とは簡単に言うと、採取した精液をカテーテルなどを使って子宮内に直接注入するもので、精子を卵子が受精しやすいところに直接送り届けてあげるというものです。精子を直接子宮内に注入してあげることで受精しやすくなり、名称に人工という冠がつくものの、よし自然に近い状態で妊娠することができるようになります。

人工授精という治療法を選択するケースとしては、タイミング療法などの治療法を行ってきても上手くいかない場合、精子の数や運動性に問題がある場合、女性生殖器や子宮頸管などにトラブルがある場合、EDや勃起障害といった性交障害がある場合などです。

また、人工授精には2タイプあり、夫の精子を使って受精するAIHというタイプと夫以外の男性の精子を使って受精するAIDというタイプがあります。基本的にはAIHが多いのですが、夫が無精子症という場合にはAIDを選択する形になります。

現在の人工授精は精液をそのままの状態で子宮内に注入するのではなく、注入する前に遠心分離機を使って優良な精子のみを抽出し、それを子宮内に注入するというのが一般的なやり方となっています。

優良な精子だけを選んで注入することから、妊娠に至る確率は医療機関によって若干のバラつきはあるものの、平均すると10~20%程度となっています。ただ、身体的負担が少ないので、望みさえすれば何度でも人工授精を行うことが可能なのがメリットと言えそうです。

人工授精は6~8回程度行い、それでも上手くいかない場合には次の段階へと治療法が変更される形を取る医療機関が多いようですが、人工授精で妊娠する場合、4回までの人工授精で妊娠する確率は90%を超えていますから、4回というのが1つの目安とも言えるかと思います。

このように人工授精とは人の手を使って受精を人工的に助け、促してあげる治療法ではあるものの、自然な状態に近い妊娠を望める上、身体的負担が少なく済み、何度も受けることが可能な治療法でもあります。

ただし、リスクはゼロではないですし、保険適用外の自由診療となるものですので、保険適用内の治療法に比べるとかかる費用は高額になってきます。前もってしっかりと医師の説明を聞き、不安点や疑問点は質問を解消しておいた方が後々安心と言えそうです。

HOMEへ戻る