人工授精と方法

人工授精(受精)を検討する前に試したい”国内未発売”最先端・高性能の排卵日検査器

人工授精とその方法

不妊治療の1つに人工授精があります。不妊治療を行っている最中という方であれば勉強していて既に分かっているという方も多いかと思いますが、そうでない場合だと名前は知っているけれどもその内容までは詳しく知らないという方が多いのではないでしょうか。

人工授精とは簡単に言うと、チューブのような注入器具を使って精子を直接子宮内に注入する方法のことを言いますが、体外受精と違って受精卵として子宮内に戻す方法ではありませんので、より自然に近い状態で妊娠する可能性を高めてあげる方法であると言えます。

人工授精を不妊の治療方法として選択するケースとしては、精子の運動性が数に問題がある場合や女性生殖器の狭窄や子宮頸管にトラブルなどがある場合、抗精子抗体が陽性である場合や不妊の原因がはっきりと分からないといった場合が挙げられます。

人工授精には2タイプあり、配偶者の精子を使って行う配偶者間人工授精(AIH)と、配偶者が無精子症である場合などに配偶者以外の精子を使って行う非配偶者間人工授精(AID)という2タイプに分類されます。

このどちらを選択するかによって人工授精の方法が変わるということはなく、どちらでも同様の流れを持って治療が進められていく形になりますから、その点で心配することというのは特にありません。

人工授精の方法としては、まず排卵の時期を予測し、排卵日の前日もしくは当日に人工授精を行う形になります。人工授精を行う日が決まったらその当日に精液を採取し、それを遠心分離器を使って優良の精子とそうでない精子に分類し、それをチューブのような注入器具を使って子宮内に注入します。その後、無事に着床できたかどうかというのを確認します。これが人工授精の方法です。

精子を子宮内に注入する作業自体はほんの数分で済むものですし、大きな痛みなどはほとんどありませんから、緊張したり不安になったりする必要はありませんので安心して下さい。人工授精後は30分程度安静にしたら、その後は普段通りの生活に戻って問題はありません。

中には安静にし続けなければならないのではないかとか、普段通りの生活を送るのは良くないのではないかと思われる方もいるようですが、特に生活に制限はつきませんから神経質になる必要はありません。

ただし、過度の飲酒や喫煙、ストレスの溜まるようなことや激しい運動などは控える必要はありますし、出血が長引くようであれば速やかに医師に相談する必要があるということを覚えておくようにしましょう。

HOMEへ戻る